HOME » 有料老人ホームの選び方の手順 » 入居までの流れ

入居までの流れ

ここでは、主な老人ホームの入居には一体どのくらいかかるのか一連の流れを時系列にまとめて解説しています。

老人ホームに入居するまでの流れをチェック!

入居希望者や施設の状況にもよりますが、一般的にはさまざまな種類の書類を取り寄せたり事務手続きを行うため、入居までに1ヶ月半から2カ月ほどかかります。

急ぎの場合でも、最短で2週間と契約から入居まで意外と時間がかかることを知っていますか。気になる施設があったら直ぐに問い合わせをして、見学に行くことが大切!入居までのスケジュールをまとめてみましたので、参考にして欲しいと思います。

介護施設の入居までの主な流れ

  1. 問い合わせ・資料請求:HPやメール、電話などで情報収集を行ってから、ある程度の施設に候補を絞っていき、資料等の請求を行っていきます。
  2. 資料到着・検討:届いた資料をもとに、費用や設備内容だけでなく必要な介護ケアがされているのか、体験入居や医療機関との提携などをチェックしていきます。
  3. 施設見学:施設では見学者のためのスタッフなどは居ないため、突然訪問しても断られてしまうケースもあるので要注意!気になった施設があれば、予約を行ったうえで見学することをお勧めします。見学時にはチェックリストを持って、確認漏れがないようにして欲しいと思います。
  4. 体験入居:最近では、多くの施設で体験入居を実施しています。実際に施設での生活を体感することで、本当に適した施設なのか最終確認を行っていきます。資料や電話だけでは分からない施設の雰囲気やサポートの質、スタッフの対応などをチェックしておきましょう。
  5. 契約:最後に不安なことがある場合は、施設や家族と話し合いをしながら契約前に全て解消しておくのがポイント!入居時に必要な費用や書類などを今一度読み返して確認し、契約するようにしましょう。
  6. 入居:契約が完了したら、引っ越しの準備を行い新たな生活が始まります!施設によっては居室に備え付けられていないものもあり、事前に入居者が準備しておかなければならないものもあるので、確認しておきましょう。

目的別大阪の有料老人ホーム一覧

費用が良心的

設備が充実

医療体制が
整っている