HOME » 老人ホームにかんする基礎知識 » 介護保険を利用するには?

介護保険を利用するには?

ここでは、介護保険サービスを利用するために必要な要介護認定の申請から利用までの流れついて詳しく説明しています。

介護保険制度と要介護認定の仕組み

介護保険制度とは、介護が必要になった高齢者はもちろん、その家族を社会全体でサポートいくシステム。40歳以上の人が支払っている保険料と税金でまかなわれています。

介護保険での介護サービスが受けられるようになるのは、65歳以上の人もしくは40歳以上の特定疾病を患っている人のみ。

介護保険を利用した介護サービスを利用するためには、居住している市区町村で介護が必要という認定「要介護認定」をしてもらわなければなりません。

要介護認定とは

要介護認定とは、介護や日常生活に支援が必要な状態であることを認定するため、その支援状況や心身の状態に合わせて5段階に分類したもの。

身の回りの介護までは必要ではないものの、日常生活に不便をきたしている人が分類されているのが要支援となっています。この要介護度に応じて、施設などで受けられる介護サービスの範囲や内容、料金などが変わってきます。

介護レベル一覧

  • 要支援1・・・基本的な日常生活に支障はないが、身の回りのお世話に一部介助が必要
  • 要支援2・・・立ち上がりや歩行など少し不安定で、入浴など一部介助が必要
  • 要介護1・・・排泄や入浴など部分的に介助が必要で、立ち上がりや歩行なども補助が必要
  • 要介護2・・・排泄、入浴などにおける日常生活の介助が必要で、立ち上がりや歩行などが自力では困難な状態
  • 要介護3・・・排泄、入浴などにおける日常生活や立ち上がりや歩行などが自力で行えず介助が必要
  • 要介護4・・・全ての日常生活で介助してもらわなければならない状態
  • 要介護5・・・寝たきりの状態で意思の伝達も困難な状態

申請からサービスの流れ

  1. 要介護認定の申請:市区町村の介護保険担当窓口で、介護保険被保険者証を持参して手続きの申請を行います。
  2. 認定調査:市区町村の認定調査員が申請者の心身状態の聞き取り調査を行います。
  3. 1次判定・主治医意見書:訪問調査の内容に基づき、申請者の心身状態によってはかかりつけ医の意見書を市区町村が手配して症状の状態について確認し、全国一律の判定方法で要介護レベルの判定が行なわれます。
  4. 2次判定:介護認定審査会によって、1次判定の結果と主治医意見書に基づき、要介護レベルの判定が行なわれます。
  5. 認定・結果通知:介護認定審査会の判定結果をもとに要介護認定を行ない、30日以内に申請者に結果を通知してくれます。
  6. 介護サービスの利用開始:ケアプランと呼ばれている介護予防サービス計画書を地域のケアマネージャーと相談しながら作成し、入居する介護施設を検討していきます。

目的別大阪の有料老人ホーム一覧

費用が良心的

設備が充実

医療体制が
整っている