HOME » 老人ホームにかんする基礎知識 » 老人ホームと特別養護老人ホームの違い

老人ホームと特別養護老人ホームの違い

老人ホームを検討しているものの、老人ホームと特別養護老人ホームの違いがわからず悩んでいる…という方のためにそれぞれの特徴についてご紹介します。

老人ホームと特別養護老人ホームはどう違う?

どちらも老人ホームであることには変わりないのですが、ここでは老人ホーム=有料老人ホームと特別養護老人ホームの違いについてご紹介します。

まず、有料老人ホームは民間団体が運営しており、この中でもさらに介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームといったものに分れているのが特徴です。特に利用者が多いのは介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームです。

介護付有料老人ホーム

65歳以上の方が対象となり、共同生活を行います。介護付有料老人ホームの中でもさらに2つのタイプに分れています。介護専用型と呼ばれるところだと、要介護度1以上の方でなければ入れません。一方の、混合型の場合は特に不自由なく自立生活を送れる方でも入居できるのが大きな特徴です。

どのような方が対象になるかは各施設によって異なるのでよく確認しておきましょう。介護付有料老人ホームの基本は、リハビリ訓練のほか、入居者と一緒に行うレクリエーションなどのイベントです。

体験できるレクリエーションの種類は施設によって大きく違い、カラオケなどを完備しているところもあります。

住宅型有料老人ホーム

特に日常生活に不便はない元気な高齢者を対象とした施設です。住宅型有料老人ホームで生活しているうちに大きく体調を崩してしまった場合でも、しっかり対応してもらえます。

具体的にどのようなサービスを受けるかは個人で自由に選択でき、幅広い介護度に対応しているのが魅力です。それぞれのライフスタイルに合わせて最適な施設が選べます。

元気な高齢者が多数利用する施設ということもあり、入居者とレクリエーションやイベントを楽しみたいと思っている方にもおすすめです。

特別養護老人ホーム

続いて特別養護老人ホームについてご紹介します。特別養護老人ホームが有料老人ホームと大きく違うのは、民間の運営ではなく公的施設だということ。特養とも呼ばれるタイプの施設で、こちらも原則として終身利用が可能です。

有料老人ホームの場合は介護度が軽い方でも入居できますが、特別養護老人ホームの場合は在宅で生活するのが難しいと判断された場合にしか入居できません。

例えば、病気やケガによって寝たきり状態になってしまった高齢者や、認知症の方などが入居する施設です。

有料老人ホームの場合は費用がかなり高額になってしまうケースもあります。しかし特別養護老人ホームは公的施設ということもあり、月額使用料は有料老人ホームよりも抑えられています。

具体的にどれくらいの費用がかかるかは、扶養家族の世帯年収や課税状況などによって変わるので確認しておいてくださいね。

しかし、希望者がとにかく多く、なかなか入居できない方も少なくありません。費用が安いのは大きな魅力で、さらに利用料金のうち半額程度は医療費控除対象となるため、とにかく費用を抑えたい方から選ばれています。

特別養護老人ホームを希望しているものの、空きがないために有料老人ホームを選択しなければならないケースもあります。それぞれの違いをチェックしたうえで、最適な施設を検討してみましょう。

まとめ

それぞれをまとめると次のような特徴があります。

  • 介護専用型の介護付有料老人ホーム
    要介護者向け。費用は高めだがすぐ入れるところが多い。
  • 特別養護老人ホーム
    要介護者向け。費用は安いがなかなか空きがない。
  • 混合型の介護付有料老人ホーム
    介護は必要ない人向け。リハビリ訓練やレクリエーションが行われる。
  • 住宅型有料老人ホーム
    介護は必要ない人向け。必要なサービスを自分で選べる。

人によって向いている施設は異なるのでしっかり検討してみてくださいね。

目的別大阪の有料老人ホーム一覧

費用が良心的

設備が充実

医療体制が
整っている