HOME » 老人ホームにかんする基礎知識 » 老人ホームとグループホームの違い

老人ホームとグループホームの違い

老人ホームとグループホームのどちらに入ればよいのか悩んでいる方のために、それぞれの違いについてご紹介します。

老人ホームとグループホームはどう違う?

老人ホームの中には民間が運営している施設と公的機関が運営している施設があります。さまざまな施設がある中で老人ホームとグループホームの違いがよくわからず、困っている方もいるでしょう。

そこで、それぞれの違いはどこにあるのかご紹介するので参考にしてみてくださいね。

グループホームとは?

まず、グループホームとは認知症対応型共同生活介護のことをいいます。つまり、認知症の方を対象としている施設だということですね。

認知症になると自宅で1人で生活するには、さまざまな不便や不安があります。そういった方を対象に要支援2~要介護5の方が共同生活を送る施設のことをグループホームというのです。

グループといっても、何十人もの方が生活しているわけではなく、少なくても5人程度、多くても9人程度となっています。認知症の行動内容は職員の方でも完璧に把握できていないケースがありますが、利用は少人数制に限定されているため、一人ひとりに目が届きやすく、不測の事態を防ぐことができるわけです。

対応してくれるのは認知症について詳しい知識を持った職員の方ということもあり、安心して生活を送れるでしょう。家で1人で過ごすのとは違い、利用者の方や職員の方とさまざまなコミュニケーションがとれるため、認知症の進行を遅らせたり、刺激を受けることによってたくさんの良い効果も期待されます。

ただ、グループホームの場合は共同生活ができることを前提に入居が認められるため、状態が悪化し、共同生活ができなくなった場合には退去を求められることもあるのです。

老人ホームとは?

一口に老人ホームといってもさまざまな種類があるわけですが、一人ひとりの体調や要介護状態に合わせて施設や利用方法を選べるのが大きな特徴です。高齢者社会ということもあり、近年老人ホームを利用する方が増えてきました。

高齢者の中にはほとんど自力で生活できるものの、自宅で暮らすのには少し不安が残る程度という方もいれば、人の手を借りなければ日常生活を送るのが困難な重介護の方もいますよね。

そういった方が同じ施設の中で生活をすると、お互いにストレスを感じてしまうこともあります。それぞれが最適なサービスや介護を受けるために、自分に合った老人ホームを選ぶことが非常に大切になります。

グループホームとは違い、認知症ではない方や軽介護状態の方でも利用できる施設があるため、一人暮らしで不便を感じている方なども検討しやすいでしょう。

ただ、特別養護老人ホームの場合は、基本的に要介護3以上の認定を受けていることが入居条件として定められているので、老人ホームと名のつく施設であれば必ずどこでも入居できるわけではありません。

各老人ホームによって定められている入居条件が異なるので、自分でも選択できるのはどこなのか事前によく調べたうえで検討しましょう。

グループホームと同じように、入居した段階では軽介護だったとしても、そのあとに状況が悪化し、介護認定が変わった場合には退去を求められるケースもあります。

目的別大阪の有料老人ホーム一覧

費用が良心的

設備が充実

医療体制が
整っている