HOME » 老人ホームにかんする基礎知識 » 入居前、家財道具の整理は?

入居前、家財道具の整理は?

ここでは、施設へ入居する前に行っておきたい生前整理について解説。やり方や流れ、費用などについてまとめています。

老人ホームの入居前に考えておきたい生前整理

老人ホームへ入居することになると、ほとんど自宅に戻ることは無くなるため、身の回りの物を整理することになります。多くの場合、現在の住まいよりも狭い場所となるため、持ち込み可能な荷物も限られてしまうので、家財道具などは処分したりしなければなりません。

特に、長年住み続けた住居であれば、思い出の品もたくさんあるはず。これからの老後を快適に過ごすための生前整理のコツを紹介します。

老後の生活をスムーズにさせる生前整理

生前整理とは、残された人生をより快適に過ごしていくために、長年たまった不用品を処分してスッキリとさせることで、いざという時のために備えるというもの。物がたくさんあってどこから手を付けていいのか分からないという方は、まず財産として残すもの今後の生活には不要なものの2つに分類することから始めましょう。

生前整理にはこれと言ったルールなどはないので、家族や親族に迷惑が掛からないうちに、自分の判断能力や1人でも自由に動くことが可能な早い段階で行う人が多くなってきています。早めに行っておくことで、周囲が困ることもなくシンプルで快適なシニアライフを送ることが出来るので、一度に行おうとはせずにある程度の年齢に差し掛かったら、少しずつ始めていくことをお勧めします。

どうしても困った場合は専門業者に依頼

最近では生前整理への関心が高まり、専門の資格の普及によって数多くの専門業者がサポートしてくれています。

生前整理の対象となる部屋や住居の規模によって費用はさまざまですが、専門知識を持った第三者の助けによってスムーズに行うことが出来きます。

作業内容によって異なりますが、大体1時間当たり5,000~10,000円程度で行ってくれるようです。

入居までに時間がない方や1人では整理が行えない方など、1度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

目的別大阪の有料老人ホーム一覧

費用が良心的

設備が充実

医療体制が
整っている